ASSAULT KINDOM EX NZ-666 クシャトリヤ with RX-0 ユニコーンガンダム

バナージ・リンクス「 ここから出ていけぇーっ! 」
2013.4 製作 / お気に入りランク:★★★★★  レア度:★★★★☆
ガンダム食玩新シリーズ「機動戦士ガンダム アサルトキングダム」のEXとしてクシャトリヤが登場!
全高約90mmのビッグサイズに4枚のバインダーを展開した状態では最大全幅230mmにもなる大ボリューム! 専用スタンドと8本のファンネルパーツで戦闘シーンを再現!格納形態を再現できる固定アームパーツとクリア成型のビームサーベルも付属!
巨大すぎるクシャトリヤとすればジオラマ化するには程よいスケールと言えます。第1話のインダストリアル7でのシーンをめざして、彩色済みのすばらしいコレクションフィギュアシリーズをユニコーンガンダムと合わせてディテールアップしていきます。

Photo Gallery


製作過程

ガンダムシリーズの全モビルスーツの中でも最も好きなクシャトリヤのこのフィギュアは発売前から楽しみでなりませんでした。
特にファンネルエフェクトはHGUCにもない発想で驚愕しました。このスケールならばユニコーンガンダムと組み合わせて、ぜひジオラマ化してみたいと考えました。
手にとって見ると期待以上のリアリティーなのですが、至るところに塗装の欠落が散見されるため、追加塗装が必要です。また、ディテールアップでさらに密度を高めていきたいと思います。
1.イメージ
クシャトリヤ
  1. 欠落している塗装箇所を追加で筆塗りする。
  2. 欠落しているモノアイを追加する。
  3. リゼルから奪ったビームサベルも合わせて2本クリアー塗装する。
  4. ディテールアップパーツを追加し、金属感を追求する。
  5. スミ入れとつや消し塗装でリアリティーを追求する。
  6. 格納庫キットを活用し、コロニー内の戦闘シーンを再現し、さらに照明キットを追加してコロニーのライトを点灯させる。
矢印
2.塗装
クシャトリヤ
追加塗装は以下のとおり。
  • バインダーに付属するファンネル→フラットグリーン+フラットホワイト
  • ビームサーベル(右手)→クリアーグリーン+MSディープグリーン(基軸部)
  • ビームサーベル(左手/リゼル)→クリアーピンク+レーシングブルー(基軸部)
  • 大型バーニア+股間下ダクト→シルバーリーフ
  • 手→ガンメタル
  • バインダーアーム→ジャーマングレー
  • 足後部のダクト・メガ粒子砲内輪・パイプ類→イエロー+オレンジ
  • 袖付きの紋章と肩後部→フラットホワイト
矢印
3.ディテールアップ1
クシャトリヤ
  1. モノアイがないこのキットにウェーブ オプションシステム「H・アイズ」のピンクのホームベース型で追加製作します。
  2. 裏面にホイルシールを貼り、「ガイアカラー102・蛍光ピンク」で塗装して取り付けます。
矢印
4.ディテールアップ2
クシャトリヤ
  1. 大型バーニアの内側にウェーブ オプションシステム「Z・バーニア〔1〕」をガンメタルに塗装後、取り付けます。
  2. バインダー上面のアポジモーターのモールドにウェーブ オプションシステム「U・バーニア フラット〔1〕」をガンメタルに塗装後、取り付けます。
矢印
5.スミ入れ
クシャトリヤ
  1. 濃いグリーンやグレーのモールドはガンダムマーカーのブラックでスミ入れします。
  2. 薄いグリーンのモールドはガンダムマーカーのグレーでスミ入れします。
  3. 綿棒を使いながら、シンナーで拭き取ります。
矢印
6.組み立て
クシャトリヤ
パーツごとに「Mr.スーパークリアーつや消し」を吹き、すべてのパーツを組み上げたらいよいよ完成です!
背中にはジョイントパーツからからファンネルを取り付けることも可能です。
矢印
7.ユニコーンガンダム
クシャトリヤ
  1. アサルトキングダムのユニコーンガンダムを別途購入。
    モールドをガンダムマーカーのグレーでスミ入れします。
  2. こちらもクシャトリヤ同様塗装の欠落が見られるため、追加塗装が必要です。
    ・手の甲/背中のビームサーベル→フラットホワイト
    ・背中のビームサーベルの柄→ガンメタル
    ・バーニア→フラットホワイト
  3. バンダイ 「1/144 MSエフェクト01」を活用して第1話の衝撃的なユニコーンガンダムの登場シーンを再現します。
    バーニアエフェクト〔B〕放射部をクリアーブルーで塗装し、バーニアに穴を開けて取り付けます。
矢印
8.ジオラマベース
クシャトリヤ
  1. ウェーブ 「H・ハンガーオクタゴン」と「H・ハンガー」 を活用して、第1話のインダストリアル7でのユニコーンガンダムの初登場シーンを再現します。なんといってもファンネルエフェクトがスペースを占有するため、2つのキットでの組み合わせが必要となるのです。
    期待していたこのキットですが、パーツの接合後の安定性が低く、スナップフィットのメリットは薄いものです。説明書もわかりにくいもので期待はずれでした。
  2. さらにコロニー内のライトを点灯させるギミックを追加します。朝日電器㈱のムギ球(ブルー)と㈱オーム電機の電池ケースを活用してスイッチのon/offでライトが点灯するようにしました。色はあえて奇をてらってブルーを選択しました。
矢印
9.仕上がり
クシャトリヤ
  1. すべてのキットを組み上げます。2体のMSに付属するスタンドを隠すために手芸用のわたで巻き上げる粉塵を表現します。
  2. ジオラマベースにクシャトリヤとユニコーンガンダムを乗せ、コロニー天井のライトを点灯させたらいよいよ完成!
製作後記
衝撃の第1話、ユニコーンガンダムの初登場シーン「 ここから出ていけぇーっ! 」を再現しました。
HGUCでは巨大すぎて飾るのことも本格的なジオラマ化も困難でしたが、アサルトキングダムでそれを具現化できます。これはもはや食玩ではありません!
あまりに思い入れが強過ぎてMS本体より、ジオラマベースの方が高価になってしまいました。こんな小さなキットにここまで手を加える必要があるのかというところまで攻めてみましたが、やり始めると足りないところを夢中になってディテールアップしてしまいました。
完成してみると大きなキットが必ずしもリアリティーが高いわけではないと気付かされる作品になりました。アサルトキングダムの、特にEXシリーズの今後の展開が本当に楽しみです。

prev 前のページへ このページのトップへ次のページへnext