1/144 バンダイ HGUC AMX-009 ドライセン(ユニコーンVer.)

「パラオの番人」
2011.6 製作 / お気に入りランク:★★★★★  レア度:★★★☆☆
ドライセンは一年戦争でジオン公国の重MSであるドム系統の最終発展型としてパイロットの信頼を得た機体でした。バズーカによる砲撃戦を主体としたドム、リック・ドムとは異なり、ビーム・ランサーとビーム・トマホークとを接合させた白兵戦用の得物を主武装とし、両腕部に3連装ビーム・キャノンを装備、さらにバーニア付きの斬撃質量兵器であるトライ・ブレードなど、近距離、格闘戦向きの装備がなされています。
原作小説には不在だっただけにファンにとってかなりのサプライズで、新たに再塗装・袖付きの装飾が施され、本拠地パラオ防衛用として現役稼動していました。3連装ビームガン用のパワーサプライヤーが内装式に改善され、ヒート・サーベルとジャイアント・バズを装備し、パラオから脱出しようとしていたユニコーンガンダムと交戦したのです。

Photo Gallery


製作過程

ファーストガンダムから含めて私が最も好きなMSの一つ、ドムの後継機が「ドライセン」です。
ヒート・サーベルとジャイアント・バズが付属し、ZZで登場したビーム・トマホーク、ビーム・ランサーに加えてドライセンの特徴である袖内部のガトリングを再現! 背中にはドライセンの専用武装であるトライ・ブレード3つを装備しています。
ドムの重厚感とカラーリングをそのままに、どこまでリファインされているかが楽しみです。
1.イメージ
ドライセン
このキットはコストパフォーマンスを重視したためか、不完全なイロプラが散見されます。重厚感の強調に加えて、多数のディテールアップが必要です。
  1. 重厚感・金属感を強調した塗装
  2. 不完全なイロプラ箇所の追加塗装
  3. モノアイ・動力パイプのディテールアップ
をポイントに製作していきます。
矢印
2.組み立て
ドライセン
仮り組み、もしくは可能な限り組み立てて、塗装に備えます。
パーツを切り離す際の白化やゲート跡が気になる部分は、ペーパーをかけて拭き取ります。
矢印
3.塗装・スミ入れ
ドライセン
重厚感・金属感を強調した塗装。
  • バーニア内側→レッド、外側→シルバーリーフ
  • 動力パイプ→シルバーリーフ
  • 胸部・スカートアーマー裏・足裏・武器類→ガンメタル
不完全なイロプラ箇所の追加塗装。
  • 機軸部・スカートアーマー裏→ジャーマングレー
  • 胴体・足先部→ネービーブルー
  • 肩のスラスター→レッド
  • 1部の手の甲→パープル
  • ヒートサーベル→イエロー
今回装甲はクラック防止のためガンダムマーカーのグレーで控えめにスミ入れします。
矢印
4.ディテールアップ
ドライセン
  • 頭頂部ツノを切り取り、延ばしランナーでシャープなツノに変更。裏から差し込みます。
  • モノアイはウェーブ オプションシステム「H・アイズ」のクリアーピンク裏にホイルシールを貼ったものを埋め込み、かつ塩ビ板を加工し、カバー。
  • 腰の動力パイプには絶縁ゴムキャップを通して、ボリュームと質感をアップ。
  • 「袖付き」の紋章のシールは使わず、マスキングの上、ホワイトで袖口を塗装し、フラットブラックで筆塗りします。
矢印
5.組み上げ・デカール
ドライセン
すべての作業を終えたら、組み上げます。
このキットには「袖付き」の紋章のシールくらいしか付属していないため、ジャンクデカールでMSの巨大感を強調します。この時、アクションンベース2に乗せて作業をすると効率的です。
最後にデカールのコーティングも含めて、「Mr.スーパークリアーつや消し」を吹きます。
フラットアルミで軽くドライブラシを行い、金属感を表現します。
矢印
6.仕上がり
ドライセン
ドムと比べてシャープになったフェイス、いかり肩、締まったウエスト、巨大なスカートアーマー、豊富に装備できる武器・・・組み上げながら、あまりのカッコ良さに思わず感嘆してしまいました。
可動範囲は広くないものの、スナップフィットがポロポロ外れることもなく、安定したポージングがとれます。
取扱説明書ではヤクト・ドーガ付属の軟質クリア棒でトライ・ブレイドを固定していますが、カラーワイヤーで代用しました。
製作後記
正直、組み上げる前まではここまでカッコいいスタイルになるとは思っていませんでした。ZZ時のドライセンのイメージや完成イメージの写真を見た段階ではあまり期待していなかったのですが、追加塗装やディテールアップにより、重厚感が増しました。
モノアイのシールドの自作は初めての試みでしたが、仕上がりには満足できるものの、モノアイ自体が見にくくなってしまいました。ホイルシールをもっと強調すべきでした。
仕上がりとしてはとても満足で、ユニコーンの中ではクシャトリヤと並ぶお気に入りのキットとなりました。

prev 前のページへ このページのトップへ次のページへnext