1/144 バンダイ RG RX-178 ガンダムMk-Ⅱ〔ティターンズ仕様〕

カミーユ「コックピットを開けるんだ!さもないと、ビルごとお前を潰しちゃうぞ!」
2012.4 製作 / お気に入りランク:★★★★☆  レア度:★★★☆☆
放映当時はその登場に度肝を抜かれた黒いガンダム!加えてガンダム同士のバトルなどはその後のガンダムシリーズや最新のユニコーンにも継承されています。
しかしながら、カラーリングが暗く、模型映えはしないといえますが、「リアリスティックデカール」を活用することで、MSとしての精密さと巨大感を強調することができます。
サイド7のコロニー、グリーン・ノア1で整備中の情景とガンダムMk-Ⅱ奪取作戦を謀るクワトロ・バジーナ大尉率いるリック・ディアスとの戦闘シーンをイメージして撮影しました。

Photo Gallery


製作過程

黒いガンダムと言えば、ガンダムVSガンダムの第2話「旅立ち」のシーンを思い浮かべます。 ビルを破壊したジオラマにするか?それとも既存のジオラマキットを活用した整備中の2機の情景に留めるか?迷いましたが・・・・。
1.イメージ
ガンダムマークⅡ
  1. 02号機、03号機の2機を製作しますが、同時製作はしません。1機目を製作し、そのノウハウを2機目に生かし、デキのいい方を03号機とします。
  2. RGのいつものパターンで、機体色はそのままに、金属感を意識した塗装を追加します。
  3. スミ入れと「リアリスティックデカール」貼りを根気強く行います。
矢印
2.組み立て
ガンダムマークⅡ
  1. インナーフレームを組んでから各装甲パーツを組み付けるという新たな手法が最新のRGに盛り込まれています。パーツの多い製作ストレスも軽減されています。
  2. いつもどおり、可能な限り組み上げて塗装につなげ、また組み立てます。
矢印
3.塗装
ガンダムマークⅡ
  1. 基軸部はジャーマングレー、胸部・メッシュパイプはガンメタルでスプレーします。
  2. 頭部のアンテナ、足首のシリンダーをフラットアルミで筆塗りします。
  3. メインカメラのクリアパーツは着色してありますが、クリアーグリーンを重ね塗りしました。しかし、これは暗すぎて失敗でした。2機目はそのままにします。ただし、黒い部分はシールではなく塗装して目のシールを貼った方が起伏があってよいです。
矢印
4.ディテールアップ
ガンダムマークⅡ
  1. ディテールアップとしての塗装は頭部と胸部のダクト内側、アンテナ、足首のシリンダーをフラットアルミで筆塗りします。
  2. 腰部のサイドアーマー開口部にブライトレッドで塗装したプラバンを貼り付けます。
  3. 設計段階の見落としとも思えるバルカン・ポッド左の赤丸は100均のカラーシールで補いました。適度に起伏もあり、塗装よりもベターでした。
矢印
5.スミ入れ
ガンダムマークⅡ
  1. 今回濃紺の機体色のためガンダムマーカーのブラックでモールドをスミ入れします。
  2. 綿棒を使ってシンナーで丁寧に拭き取ります。
矢印
6.デカール
ガンダムマークⅡ
  1. 「リアリスティックデカール」を根気強く貼っていきます。粘着力が強過ぎて失敗するケースもあり、予備のデカールを流用する場面がありました。
  2. デカールのコーティングも含めて、「Mr.スーパークリアーつや消し」を吹きます。
矢印
7.仕上がり
ガンダムマークⅡ
  1. つや消しを吹くことで、おもちゃっぽさがかなり改善されます。
  2. 武器類は1機分のみ製作し、製作の手間を軽減し、バックアップ用として保管します。
  3. 2機製作後、やはり2機目を03号機としました。エゥーゴ仕様もこの2機のノウハウを生かしたいと思います。
  4. ベースはあらかじめ製作しておいたバンダイ「システムベース001」を流用し、整備中のテスト機とういう設定にしました。
製作後記
「機動戦士Ζガンダム」ファンには欠かせない" 黒いガンダム "。白い背景に置いても沈んで見えてしまうカラーリングで、大好きなマークⅡですが、星4つとしました。
また、ストライクとフリーダムの製作直後ということもあり、かなりクラッシクなMSというのが正直な感想です。
製作当初は第2話「旅立ち」の03号機が02号機に襲いかかるジオラマを考えていましたが、費用対効果から今回は見送りました。

prev 前のページへ このページのトップへ次のページへnext